Bunkamura  /  東京都渋谷区道玄坂

建築名: Bunkamura
設計: 石本建築事務所、東急設計コンサルタント、MIDI総合設計研究所、ヴィルモット・ジャポンJV
施工: 東急建設
竣工: 1989年
住所: 東京都渋谷区道玄坂2-24-1
写真データ:2023/02

※Bunkamuraは日本初の大型の複合文化施設。オーチャードホール(世界有数のコンサート、オペラ、バレエのためのホール。日本初の大規模シューボックス型ホール)、シアターコクーン(クラシックコンサートをメインに、オペラ、バレエ、ポピュラーコンサートなど、異なるジャンルを一つの空間で提供できるコンバーチブルホール)、ル・シネマ(企画展用の美術館)、ザ・ミュージアム(ミニシアター)の施設からなる。外観は、ガラス張りの四角いビルに、円柱形の「シアターコクーン」が特徴的なデザイン。エントランスからエントランスホールにかけての空間は、ガラス張りの吹き抜けになっていて、開放感がある。
※なお Bunkamuraは現在(2023年12月時点)、大規模改修のため、オーチャードホールを除き2023年4月10日から2027年度中(時期未定)まで休館予定とのこと。

関連リンク:
→ archiclue.の関連記事(ニュース記事含む)→『 石本建築事務所 』の検索結果
→  Bunkamura
→   Bunkamuraの階段空間 / 渋谷区道玄坂 – 東京坂道さんぽ

 

東急東横線・渋谷駅 駅舎(東京メトロ副都心線相互直通運転化事業)/東京都渋谷区渋谷

建築名:東急東横線・渋谷駅(東京メトロ副都心線相互直通運転化事業)
設計:安藤忠雄建築研究所+東京急行電鉄+日建設計+東急設計コンサルタント
施工:渋谷駅開業設備工事共同企業体(鹿島建設・東急建設・大成建設)
竣工:2008年6月
住所:東京都渋谷区渋谷21-13
写真データ:2019/04

※地下駅ながら吹き抜けの空間を介して自然換気が行われている。「地中の宇宙船=地宙船」をイメージしており、卵形のシェルと地下3階のコンコースから地下5階のホームへ至る楕円形の吹き抜けが特徴。空間デザインは安藤忠雄建築研究所。完成当時は賛否両論のうわさが絶えなかった施設でもある。

関連リンク:

→ archiclue.の関連記事(ニュース記事含む)→『 安藤忠雄 』の検索結果
→ instagram(archiclue)のページ
→ 渋谷駅(各駅情報)|東急電鉄