山の上ホテル  / 東京都千代田区神田駿河台

建築名: 山の上ホテル
設計:ヴォーリズ建築事務所(ウィリアム・メレル・ヴォーリズ)
施工: 清水組
竣工: 1936年
住所: 東京都千代田区神田駿河台1-1
写真データ:2010/05、2017/08

山の上ホテルは、創業80年以上の歴史を誇るクラシックホテル。 多くの文豪や文化人が愛したホテルとしても知られていて、川端康成、三島由紀夫、松本清張ら、日本の近代文学を代表する作家たちが、創作活動の拠点として利用したことでも有名。
1937年に建てられた本館は、ウィリアム・メレル・ヴォーリズ氏による設計。アール・デコ様式の優雅な外観と、モダンで機能的な内装が特徴。塔の頂部に輝く、星形のネオンサイン「Hilltop」は、ホテルのシンボルとして親しまれている。1980年の改装時も建築当時の姿を残したまま進められ、その後のリニューアルの手本ともなった。
1970年には別館が増築されたが、2014年9月に売却された。敷地は隣接する明治大学の所有となり、明大当局は別館の有効活用を検討したが、解体され、現在は広場となっている。
なお同ホテルは2023年10月に老朽化を理由に、2024年2月13日を持って休館予定であることを発表した。再開方針等は未定とのこと。

関連リンク:
→   山の上ホテル HILLTOP HOTEL 御茶ノ水・神保町【公式】
→   山の上ホテルのイルミネーション「丘の上の光の洋館」と坂道【とある街の風景394】/千代田区神田駿河台 – 東京坂道さんぽ
→   山の上ホテルに行ってきました。 /千代田区神田駿河台 – 東京坂道さんぽ
→    山の上ホテル /千代田区神田駿河台 – 東京坂道さんぽ
→ archiclue.の関連記事(ニュース記事含む)→『 ヴォーリズ』の検索結果

山王パークタワー /   東京都千代田区永田町

建築名:山王パークタワー
設計:三菱地所設計
施工: 清水建設、鹿島建設、大林組、東急建設
竣工: 2000年
住所:東京都千代田区永田町2-11-1
写真データ:2010/05

※かつて山王ホテルがあった場所に建設された超高層ビル。再開発事業の永田町二丁目地区再開発地区計画地域内(A地区)にあり、日枝神社との関係も考慮されて計画されている。高層階にはNTTドコモ本社が入居している。27階には「スカイロビー」と呼ばれる吹き抜けを備えた広大な空間がある。当初、高層階はホテルとして利用することを考慮した設計であったため、オフィスの割に天井高が若干低くなっている。


参考元:千代田区資料「地区計画図書一覧 永田町二丁目地区」
https://www.city.chiyoda.lg.jp/documents/4355/04nagatachou.pdf

関連リンク:
→ archiclue.の関連記事(ニュース記事含む)→『 三菱地所設計 』の検索結果
→  山王パークタワー _ 東京都千代田区永田町二丁目11番1号 _ 三菱地所オフィス情報