2007年4月9日

自己紹介

今回は、簡単に管理人であり店長でもあるわたくしめのことなどでも。

あまりこまごまと書いてもしかたがないのですが、現在は、このブログのメインサイトであるwith field というオンラインのbookショップをやりながら、実は建築関係の仕事もしています。なので、with fieldは兼業でやっていることになります。

また、本集めに興味を持ちだしたのは大学時代なのですが、きっかけは研究室で図書係だったこともあり研究費でばんばんと建築関係の本を注文していまして、それがなんだかくせになり、プライベートでも、はじめは、(新品本でやっていたらしゃれにならないので)古本屋さんに行っては、気になる本を探しては買うことが多くなり、そんなことをしているうちに、家に本がたまっていったという感じで、それは今も続いていたりします。

そして、ここからはよくありがちといえばそれまでなのですが、はじめはせまい家というか部屋にある本の整理をしがてら、どう処分しようかな~と迷っていたところ、それだったら、あらたなチャレンジがてら、父親も商売人だし、商売でもしたらいいんじゃないかな考えるようになり、好きな本にさらにかこまれるのも悪くないかもと思いつつ、もともとインターネットの知識もある程度あったこともあり、そんなことからオンラインの古本屋をはじめてみようと思いたち、今にいたっています。


ただ、今考えているのは、最近は世の中にオンラインの古本屋さんがたくさんある中、後発ということもあり、自分なりのというかお店の特徴をださないとやっぱりいけないわけで、そんなことを考えていると、扱う本の種類はもちろんなのですが、めざすべきものは古本屋らしくない本屋でありショップというかなんというか、一言では表せないのですが、ただ古くて珍しいからといった理由だけではなく、古いものを通して新しさをだすという感じでしょうか。

さらにここまで書くと変かもしれませんが、いますこし意識しているのは、古本とは縁遠い存在なのですが、(他にも参考にさせていただく会社もありますが、いまのところ僕にみえている会社という意味で)コムデザインやD&DEPARTMENTてきな、クリエイティブな側面もあり、さらに広がりのある展開を見据えたコンセプトが見え隠れする存在でありたいなあとも思っています。

あとは、いちおうネットメディアでもあるわけですので、なにかみなさんに役に立つ新鮮な情報も発信できればとも考えていたりします。

いまのところは、それに見合う商品も多くなく、活動ものらりくらりといった感じですのでなんですが、今考えていることはこんな感じです。


最後に、てまえみそでなんなのですが、このまま隠しているのもなんなのでお伝えしますが、今月のおわりごろに、始めてから2年が経つブログを他でこつこつとやっていまして、サイト名は「東京坂道さんぽ」といい、主に都内の坂道や名所などの散歩話や路上観察などについて綴っていて、はじめは趣味でやりだしたのですが、最近はその様相が変わりつつあるブログなのですが、僕がどんなやつであるかということもあわせて見れると思いますので、よかったらそちらもご覧いただければ幸いです。